クリーンルームの清浄度と関連するおすすめ商品

半導体業界や食品業界においては、クリーンルームといった清潔な環境は必須の条件になっていきます。企業の部署ごとにおすすめと呼べる内容は異なっていくものの、高精度と言える技術を登用していくことで、段階的に物事を確認していけるような概要が出ていくことになります。
またクリーンルームにおける日々のメンテナンスにも担当者は気を配っていく必要があるため、さまざまなシーンに対応できるような環境にも慣れておく必要があるのです。
それからおすすめと呼べるような内容をいくつかチェックしていくことで、優れた品質が信頼できるようなクリーンルームの状況が把握できるようになります。社会のニーズにきちんと応えていければ、企業のイメージアップはもちろんのこと、中長期的な内容に前向きな姿勢が出ていくようになるのです。
以上の事柄を冷静に振り返っていくようにすれば、クリーンルームに関する内容をわかりやすく説明することが可能となり、結果的に導入の意義も見えてきます。

クリーンルームをめぐる規格の変遷について

規格の変遷クリーンルームの管理を定量的に行うために、数値化した基準が幾つか用意されています。
たとえば、広く使われているクラス100やクラス10,000といった表現は、米国連邦政府規定によるものです。米国連邦政府規定では、単位は1立方フィート中に存在している直径0.5μm以上の粒子数のことを定めています。
日本においても、1974年に「日本工業規格 JIS B 9920 クリーンルームの空気清浄度の評価方法」が制定され、1リットルあたりの粒子の数を基準として定めていました。ヨーロッパでは、メートル法で、1立米の中に存在する 直径1μm以上の粒子数のをべき乗で示した清浄度階級が決められていました。
現時点の視点で振り返ると、日本では、米国連邦政府規定がメインとして使われてきた経緯があります。これは、日本におけるクリーンルーム誕生時期に導入されたことが原因しているものと思われます。
とはいえ、昨今は、国際単位系、つまり、SI単位への移行が進展しつつあるのは、世界的なトレンドと言えましょう。1992年には、米国連邦政府規定は従来のフィート単位からメートル単位に変更され、1999年には「国際規格 ISO14644-1」が制定されました。
それに伴って、2001年に米国連邦政府規定は廃止されました。
また、日本でも2002年に、JIS B 9920が、 ISO14544-1の翻訳を取り入れ改正されました。

『クリーンルーム 規格』
最新ツイート

@m_fukuchan

@BusStopMaker 室内がクリーンルームになってて花粉が一切ない高規格救急車仕様タクシーとかどうでしょう

7日前 - 2019年04月15日