クリーンルーム導入のメリットとは?

クリーンルームとは、その中の空気清浄度をある一定に管理された部屋のことです。
手術室や実験室で使っているケースでは部屋というイメージですが、半導体や液晶、医療品や化粧品などを製造するために使っている場合は、その工場全体がクリーンルームということになります。
そして、その中でも清浄度を特に上げたい空間には、クリーンブースを設置します。
クリーンブースは、囲いのような設備で、局所的に空気清浄度を上げることができます。
空気清浄度を上げるメリットは、その作業や行為を行うために空気中の微細なゴミが原因で問題が発生することを抑えられることです。
これにより、製造会社では品質や生産性が上がりますし、手術や実験では失敗するリスクを減らせます。
そして、顧客のイメージも良いですし、信頼度も高くなります。
クリーンルームの設置、管理には大きなコストが必要ですが、これらのメリットで直ぐに回収できると考える会社が多いようです。

クリーンルームの管理者としての注意事項

クリーンルームの管理者としての注意事項 デリケートな製品を扱う人はクリーンブースという部屋を用意することが大事であり、メリットを積極的に仕入れておくことが大事です。
クリーンなイメージを管理者が担当する際には、モノを製造する価値を上手に伝えていくこと大切です。
また消費者が日頃抱く内容がどういった部分であるかをきちんと振り返っていくようにすれば、クリーンブースならではの特色を思う存分活用することができ、最終的な国際規格に合う優良な製品を製造することにつながっていきます。
日本製の信頼できるブランド力を継続させながら、モノづくりをけん引していくことが重要です。
クリーンルームにおいては空間による大きさの違いでコストが異なっていきますが、十分な設備投資を考えていくことにより、想像以上のメリットを見出すことが可能となります。
世界中に工場を誘致している雰囲気が現在は主流となっているため、グリーンブースの魅力を慎重に振り返っていくようにすることが大切です。

『クリーンルーム 管理』
最新ツイート