クリーンルームの価格について

クリーンルームの価格について 空気中における浮遊微粒子を除去し、高度な作業を行うために利用されているものにクリーンルームがあります。
タイプとしては、大きく、工場などのインダストリアル関係に設けられるもの、医療などを含めてバイオテクノロジー関係に設けられる2つがあり、それぞれの施設で要求される内容によっても価格は異なってきます。
施設によっては、温度や湿度、圧力などの環境条件に関しても多く、この場合には高額な費用が必要となります。
クリーンルームで最も高額になりやすいタイプとしては精密空調型と呼ばれるものがあり、この場合には温度管理や湿度管理などが必要となるために部屋自体からの設計や設備に関しても検討されることになり、価格も高いものとなってきます。
湿度管理が必要無い場合には価格を抑えることが可能となりますが、空調等が必要ない場合には、簡易クリーンルームを設けることで対処をすることもできます。
相場としては、葬儀も完全なものを設ける場合には1,000万円近くかかることになり、業種によってはそれ以上の費用がかかることもあります。
反面、簡易クリーンルームの場合では15万円~25万円程度で導入できるものもあり、必要とする内容を十分に検討をした上で判断をすることが必要になります。

簡易で設置するクリーンルームについて

クリーンルームは、現在、多くの業種に導入が行なわれていますが、設置では内容によっても費用が大きく異なることになり、空間設計から、湿度管理や温度管理など高機能を設備を設ける場合などでは、1,000万円を超えることも珍しくありません。
一般的なクリーンルームの場合においても高額となることも多く、この場合には簡易クリーンルームの選択も1つの方法となります。
簡易で行う場合には、元々ある部屋を活用して、そこに空調システムを設けることで行うことになり、リーズナブルな予算でクリーンルームを作ることができます。
簡易による方法のメリットとしては、安価で行うことができる他に短期間で設備を設けることができる点があります。
専用の部屋の設計や空調など大掛かりな設備工事が不要となるために、時間をかけずに行うことができ、場合によっては業務に支障を及ぼすことなく工事を進めることができます。
また、省電力となることもメリットの1つとなります。
本格的な場合には維持するために大きな電力が必要となり、設備によっては専用の発電機を設ける必要があります。
しかし、簡易では現在あるものを利用することや、一般的なコンセントを電源とするためにコストを抑えることができるようになります。

『クリーンルーム 価格』
最新ツイート