クリーンルームに入る時の服装

製造業などの工場において、空気中の浮遊塵埃を抑え、清浄度に関して管理された空間としてクリーンルームがあります。
作業をする場合には、少しでも塵埃を抑えるために、それに適した服装を着用することが求められており、この場合の作業ウェアとしてクリーンスーツがあります。
作業に当たっては、一般的にはエアー室を通ることで身体に付いた埃などを取り除くことになり、この場合、靴に関しても専用のものを着用することになります。
まず、作業に関しては、作業員は全員同じクリーンスーツに着替えることになり、ここでは、頭を覆うことやマスクも使用することになります。
靴に関しても専用の白い靴をはき、見に着けるもの全てが静電気などで埃を呼び込まないように作られています。
クリーンルームの作業においては、慣れるまでには作業性がなかなか上がらないなど時間がかかることになりますが、慣れると共に効率的に作業を行うことができるようになります。
また、クリーンウェアーは全てが同じであるために他の作業員の識別がしにくい面があります。
この場合には、分かる位置に名前を設けておく必要があり、後ろからでも確認ができるようにしておく必要があります。

クリーンルームの用途とは?

クリーンルームの用途とは? クリーンルームの用途は、精密機械の工場などでホコリやゴミなどを持ち込まないように、工場の出入り口に設けた一つの部屋の事です。
厳密な精度を要求されたりする精密機械には、わずかなホコリやゴミでも機械を狂わしたりする場合があるのでこれらの有害物質を取り除く目的や用途があります。
クリーンルームはその精度の要求度合いによっていろいろ異なってきますが、風圧によって入場する人の衣類などからホコリやゴミを吹き飛ばして、吸入口より吸い取って排出してしまう部屋の事です。
部屋の大きさや風圧などは製作する機械に要求される精度によって異なってきますが、工場に入るには必ずクリーンルームを通過してはいるように設計されております。
逆に言うと工場に出入りするには、どの出入り口であってもクリーンルームを設けなくてはならないという事です。
その為に出入り口は外部からの入り口側と工場入り口側では、開閉の時間差などを設けたり二重扉にするなど工夫を凝らしているのです。

Valuable information

塾を若葉区で検討

2018/8/9 更新

『クリーンルーム 用途』
最新ツイート

@naka7369

長女の就職先で家族限定の工場見学会があった。クリーンルームやら特殊な工作機械の数々。当然撮影は厳禁。有名な会社ではないが、身の回りでたくさん使われてるあるものを作ってる。ある用途のものはオンリーワンで世界一。うちの長女、よくこんな会社見つけたなぁ。勉強になった。

1時間前 - 2019年06月19日